「祈り」:パリ同時多発テロに際して


11月13日に起きたパリ同時多発テロで犠牲となられた方々、

そのご親族、ご友人に謹んで哀悼の意を表します。

深い悲しみと心痛の中で人々が忍耐強くいられますよう、

一日も早く癒しがもたらされますようお祈り申し上げます。

イスラームにおいて、テロ行為は断じて禁じられています。

何の罪のない人々に危害を及ぼし、恐怖を与え、社会の秩序を乱す行為は、どんな思想があったとしてもそれは「犯罪」なのです。

聖クルアーンにおいても、

「1人の人を殺すことは全人類を殺すことと同様であり、1人の生命を救うことは全人類を救うことと同様である」と明確に述べられています。(クルアーン5章32節)

今回の事件は、フランスだけでなく、世界中の人々の心を傷つけ、愛するものを奪い、

誠実な人々の権利を侵害しました。それは、過去からの一連のテロ行為も同様です。

私たちムスリムの創造者であられ、庇護者あられ、慈しみ深く、

深い愛情と全幅の信頼をおくアッラーの名で残忍な行為を行うこと、

罪のない人々に危害を加え、恐怖を与えること、

畏怖もなく間違ったイスラームの解釈を拡散すること、

このような全てのテロ行為を非難し、

テロに加担する人々を同じイスラム教徒とは認めません。

世界中のムスリムの兄弟、姉妹の皆さん。

この困難な状況の時こそ、私たちは、アッラーの道で忍耐強く、誠実に、

正しい態度と行いをもって

生きる姿勢を示さないといけません。

このテロ行為によって、各国でムスリムとして誠実に生きる兄弟、姉妹たちが傷つき

理不尽な対応や批判にさらされることが懸念され、心が痛みます。

報復宣言が飛び交う中で、これ以上の罪のない犠牲者が増えることがないよう、今たくさんのドゥアが必要とされています。

「アッラーにお赦しを請います。

アッラーよ、あなたこそが平安で、平安はあなたからのものです。

崇高さと栄誉の主に称えあれ。」

アッラーが、この世界、私たちを正しい方へと導いて下さいますように。

困難な状況を生きる兄弟姉妹たち、皆様にアッラーのご加護がありますように。

イスラームにおけるテロについて、詳しく知りたい方は→

「誤解されるイスラーム:テロ行為」


Featured Posts
Recent Posts