他者を優先する精神


人それぞれの努力は、その価値によって決まる。自分のことのみを考える人は人ではないか、何かが不足した存在である。人間性へと至る道は、他者を思うあまり自分を忘れてしまうというところを通過する。

人は、自らの恥に対しては検察官のように、他者の欠点に対しては弁護士のようにあるべきである。

成熟した人、そして真の親友とは、地獄からの出口で、そして天国への入り口ですら、「どうぞ。」と言うことができる人である。

真に人である人とは、どのような条件であろうと、自分の桶に乳を搾りいれる時、他の人の桶をもからのまま放ってはおかない人である。

あなたは種を蒔いて、去りなさい。誰が収穫しても、それでよいのだ。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square