ラジャブ月~聖なる3カ月~


アッラーは、私達が罪から清められ、また心や精神世界を改め、より新しい段階へと成長できるよう私達にいつくかの機会を与えられました。

金曜日、イードの日、そして聖なる3カ月などがそのような機会です。

ラジャブ、シャーバン、そしてラマダーン

これら聖なる3カ月は、放棄することを望んでいる悪しき習慣を放棄し、獲得したいよい性質を身に着けるために与えられたチャンスでもあります。なぜなら、この時期は、人々が皆より行動や言葉に注意し慎重になり、その心を怒りや憎悪、敵意から清めようと努力するからです。そのような環境では、私達は普段よりも、自分を容易に点検しやすくなります。

この三か月の中で、最も尊いのは1000の月の果実、善行をそこに含むラマダーン月です。そして、ラジャブ月とシャーバン月はこの最上の月への神聖な準備期間でもあるのです。

ラジャブ月が始まると、預言者ムハンマド様(彼の上に祝福と平安あれ)は、

「アッラーよ、ラジャブとシャーバン月を恵みあるものとして下さい。そして私達をラマダーン月へと至らせて下さい。」というドゥアと共に、この月を迎えられました。

ラジャブ月は、崇高な旅の始まりです。

この月の最初の金曜日の夜(イスラームでは1日は夜から数えるので、グレゴリオ暦では木曜日の夜から金曜日の夜明け前にあたる)は「ラガイブの夜」です。

預言者ムハンマド様は、「ドゥアが拒まれず、受け入れられる5つの夜がある。その一つがラジャブ月の最初の夜である。」と言われました。

そして、ラジャブ月の27番目の夜は、預言者様が神聖な夜の旅をされ、昇天された夜「ミラージュ」です。

「ラジャブ月のある夜を崇拝行為で生かす者は、100年も崇拝行為を行ったかのようである。」とハディース(預言様の伝承)にあります。

最後に、ハディースによると、預言者様はラジャブ月をアッラーの月をされました。

「ラジャブはアッラーの月、シャーバンは私の月、ラマダーンは私のウンマ(共同体)の月である。」

この月に示された敬意はアッラーに対してされた敬意となること、そしてアッラーはご自身に敬意を示す者は、天国に入れられることを吉報として伝えられています。

アイーシャ様は、「遊牧を行う無知な人々ですら、この月には敬意を示し、この月には皆武器を放棄した。そして安全な環境が生み出されていた。」と言われました。

アッラーにより近づける月となるよう、悔悟をしアッラーか御許しを求め、普段よりも多くの崇拝行為とドゥアを、貧困にある方、困窮している方がへのサダカや援助などがお勧めされています。

この聖なる3か月最大限に生かし、アッラーが私達を、精神的な大きな益によって喜ぶことのできるしもべをして下さいますように、インシャアッラー!


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square