計画的な雨

 

 

今年は雨の日が多くて困っている人も多いかと思います。少し雨について考えて見ましょう。

 

地球上で生命の永続に最も重要な要因の1つは雨です。人間を含めて、すべての生き物にとって重要性を持つ雨についてクルアーンの種々の節で言及され、雨の形成について述べられています。その情報は14世紀前に人類に知る余地のない情報です。これは我々にクルアーンが神の言葉であるということを証明します。


雨の割合
ズーフルフ章で、雨が「適量」に送られた水と定義されます。節は次の通りです:
「また天から適量の雨を降らせ,それで死んだ大地を甦らせられる御方である。そのように,あなたがたは(墓場から)出てくる。」 金の装飾 (アッ・ズフルフ)章11節


節で言及されたこの「適量」は2つの雨の特徴と関係があります。

まず、地球上で降る雨の量は常に同じです。推測によると1秒間で1千6百万トンの水が地球から蒸発します。この量は1秒間で地球に降る雨の量と同じです。これは水がバランスよく連続的に循環していることを意味します。


もう1つの雨で関連した適量とは雨の水滴の落ちる速度についてです。雨雲の高度は最小でも1,200メートルです。この高さから放されると、雨のしずくとして同じ重量と大きさを持っている物が連続的に加速し、そして地上に時速558キロのスピード落ちると計算される。そのスピードで地面を打つと大きい損害を起こすでしょう。もし雨がそのように降ったら、すべての収穫物は破壊されるでしょう。また、住宅や自動車は損害を被うでしょう。そして人々は用心をしないで歩き回ることが不可能でしょう。これらの計算は1,200メートルの高さにおいて場合のことです。1万メートルの高度に同じく雨雲があります。 このような高さから降ってくる雨のしずくが非常に破壊的な速度に達することができたでしょう。


しかし、これは雨が降る方法ではありません。雨がどんな高さから降るかに関わらず、地面に着くとき雨のしずくの平均速度はたったの8-10 km/hです。 これの理由は雨のしずくがとる特別な形式です。この特別な形式は大気の抵抗効果を増やして、雨のしずくがある速度の限界に達すると加速を妨げます。

(今日では、このアイディアを使うことによって、パラシュートが設計されます。)


雨の適量とはこれだけではありません。例えば、雨が降り始める大気層の気温はマイナス40℃に達することもあります。それにもかかわらず、雨のしずくが決して氷微片に変わりません。その理由は大気中の水が純粋な水であるということです。 よく知られているように、純粋な水が非常に低い温度においてさえほとんど冷凍できません。