聖クルアーンに関する記事

クルアーンは、預言者ムハンマドが書いたものですか?

クルアーンを23年間にわたり段階的に明らかにした神の賢さとは何でしょうか?

クルアーンが人間の利益になる全てのことを述べているというのは本当ですか?

聖クルアーン

 

クルアーンは、イスラームの聖典です。クルアーンという言葉はアラビア語であり、「誦まれるもの」を意味します。。
クルアーンは、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安がありますように)に、当時の人々を始め、世界の終りの日までこの世界に生まれてくる全ての人々に伝えるために下されたアッラーの言葉です。

クルアーンは、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安がありますように)によって人々に伝えられたものですが、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安がありますように)自身の言葉ではありません。その言語は、伝え手である預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安がありますように)の母語のアラビア語ですが、その内容も、表現もアッラーによるものであると信じられています。

クルアーンは、一度にその全体が下されたわけではありません。預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安がありますように)が預言者としての使命を果たしていた23年間、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安がありますように)とその教友の生活に平行して少しずつ下っています。その点は、クルアーンの理解のために重要であるとされいます。なぜならば、クルアーンの章句におけるアッラーの意志は、歴史的な出来事によって裏付けられているからです。

イスラーム神学者たちは、クルアーンが下ったその23年間を、「マッカの啓示」と「マディーナの啓示」として、大きく二つに分けています。マッカとマディーナは、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安がありますように)が生涯の大部分を送られた二つの都市です。イスラームの布教は、マッカで始まりましたが、当初マッカの住民によって受け入れられませんでした。従って大多数が社会的に弱い立場であった初期イスラーム教徒たちの最大の義務は、多神教で偶像崇拝者でもあった住民たちに、アッラーの唯一性を説くことでありました。そのためマッカ期の啓示の章句は、短い文体をとっており、内容としては、神の唯一性の強調、信仰箇条の説明(預言者・復活の日等)に集中しています。マディーナは、12年間に及ぶマッカ布教期の迫害と追放を逃れるために移住が余儀なくされた預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安がありますように)らが拠点として選んだ都市ですが、イスラームはここで、社会全体によって認められ、都市国家の形に変わります。クルアーンの章句もその変化に応じます。その内容は、信仰だけではなく、儀礼の義務と説明、家族法等の法規定、戦闘、講和等まで広範にわたります。

クルアーンは、宗教生活のみならず、イスラームの文化にも影響を及ぼしています。偶像崇拝を禁じるイスラームの芸術家たちは、その才能をクルアーンを通して表現し、クルアーンの装飾、書道が非常に発達してきました。また、
クルアーンを美しく詠むことも芸術の一つの分野としてイスラーム世界で広く好まれています。