書籍の販売

イスラーム知識を深める書籍をご紹介します。
イスラームの観点からテロと自爆攻撃


エルギュン・チャパン(監修)、小村 桜(訳)

The Light Inc.、113ページ、 ¥500

 

「イスラームの観点から テロと自爆攻撃」は、現在まで10の言葉に翻訳されています。


特に西洋諸国、そして他の非イスラーム諸国において、イスラームの教えの根源においてテロ行為がどのように位置づけられているか、罪もない人々が宗教上の必要性という名目で自爆攻撃によって殺されることが、本当に教えに基づいたものなのかという問いへの答えを示す書籍が必要とされています。

「イスラームの観点からテロと自爆攻撃」は、専門知識を持つ神学者たちによって、教えの源からの引用を

 伴い、また歴史上の過程における適用などが行なわれつつ、こういった問いに答えが与えられています。

 

ご購入希望の方は、「問い合わせフォーム」よりお申込み下さい。