イスラーム的服装について

 

 

『男の信者たちに言え、視線を下げ、貞潔を守れと。その方が彼らにとっては清廉である。アッラーは彼らのなすことをご存じである。また、女の信者たちに言え、視線を下げ、貞潔を守れ、そして自ずと現れるもの以外は己の身の飾りを現すなと。また、彼女らは覆いを胸まで垂らすように。己の身の飾りを現してはならない、夫、父、夫の父、自分の息子、夫の息子、兄弟、兄弟の息子、姉妹の息子、自分の女たち、右手に所有する者(奴隷)、欲望を持たない男の従者、あるいは女の秘所について知らない幼児に対するほかは。…』(第24章[御光]30、31節)

『預言者よ、おまえの妻たち、娘たち、また信者の女たちに言え、長衣を纏うようにと。そうすれば見分けがつきやすく、危害を加えられることがないであろう。』(第33章[部族連合]59節)

 クルアーン中のこれらの節は、ムスリマが身内の結婚対象となりえない男性を除きすべての異性に対し身を覆わなければならないことを命じている。「成人に達した女性は、ここを除きどの部分も見られてはならない、と言って預言者は顔と手を示された。」というハディースもある(アル=バイハキーの伝える伝承)。女性の性的魅力は夫に対してのみ発揮させるべきなのである。妻は夫のために身を飾り、夫も妻のために装う。一体これが「抑圧」だろうか。

 誤解されていることが多いので補足すれば、体を隠さなければならないのはなにも女性に限らない。隠すべきとされる部分は異なるが、男性も「恥部」、すなわち臍から下、膝から上は隠さなければならない。アラブの男性の民族衣装がタプッとした上着であるのも、男性の象徴をあからさまに誇示しないためだろう。

 また、秘所を隠さなければならないのは、異性の他人に対してだけではない。女性同士、男性同士でも秘所は隠しあわなければならず、それは親子といえどもかわりない。これは別に裸体(肉体)を卑しいもの、汚れたものとみなしているということではなく、「羞恥」という非常に人間的な、文化的な感情を尊重するためであろう。『信仰する者よ、おまえたちの右手の所有する者と身内の未成年者には3つの時間には(部屋に)入る許しを求めさせよ。暁の礼拝前、真昼に脱衣している時、夜の礼拝後、おまえたちが素肌でいる3つの時間である。…』(第24章[御光]58節)、「あなたがたの誰でも妻のところに行くときには恥部に注意しなさい。服を脱ぎ捨て猿のように素裸になるべきではありません。」(イブン・マージャの伝える伝承)、「男は誰も裸の男を見てはならず、女は誰も裸の女を見てはなりません。」(ムスリムの伝える伝承)

 この「恥の心」、これこそが人間を人間らしくするものだ。海辺でビキニ姿になる女性がなぜ同じ格好で町の中を歩かないのか。人間の裸体が自然のものならなぜ服を脱ぎ捨てないのか。モラルを信じられなくなった現代人は、羞恥心を習慣によって受け継いだ無意味な感情とみなし、無理やりにもそれをはぎ捨てようとし、我も我もと裸に近い格好を晒すようになった。そしてそれを「解放」だと勘違いしている。

 話を結婚に戻すと、自分で結婚相手を見つけなければならない今日の女性は、不特定多数の男性に対し、自分の性的魅力をアピールし、いわば「商品」として売り込まなければならない。そのため、若い未婚女性は自分の容姿にひたすら心を砕き、鼻が低いの、目が小さいの、髪が強いの、足が太いのに小さな胸を痛めなければならない。外見に自分という人間の評価が集約されるかのような有り様だ。

 自己アピールのための美の追求はともかく、最近の女性は娼婦とまごうばかりの露出度の高い格好をしている。彼女たちにそこまで己の「女性性」をアピールさせているのはなにか。女として特別扱いされることを嫌い、あらゆる分野において男並みの働きをする女性が増えている一方で、「私は女よ」となぜあれほどまでに声高く彼女たちは主張しなければならないのか。女性の身体的特徴をあのように強調するのは、貞淑さを要求され、性的魅力を包み隠さなければならなかった過去の倫理観か ら解放され、自分の肉体を取り戻した彼女たちの凱旋の表現だろうか。女性があのように自分の体をオブジェ化して男の眼前に晒すのは、むしろ女性性の疎外に苦しむ彼女たちの無意識の叫びのような気がしてならない。「どうか私を女と認めて」という悲痛な叫び声が聞こえて来るような気がする。

 いずれにせよ、(人間としての)内面よりも(女性としての)外見が評価される今日の風潮の根底に女性差別がないといえないことは確かだ。むしろヒジャーブによって女性的部分を隠したムスリマの方が、ずっと「人間として」男性と向き合っている。イスラーム世界では、女性が「職場の花」を演じさせられたり、「お茶くみ、コピー取り」といった男性社員の補助に回されることはない。かわいい子ぶって愛想笑いする必要もなく、新車の横に裸同然の格好で立たされることもない。どちらの 方が女性を尊重しているか、一見して明らかではないか。

 男と女の間に一線を引くイスラーム世界では、男の世界と女の世界がはっきり分かれている。男性が社会の中心にあり、女性が片隅に追いやられているのではなく、2つの別の世界を構成しているのだ。「男は仕事に、女は家庭に」、これがイスラームにおける原則的な男女の役割分担だが、それは女性に活動の場が奪われていることを意味しない。今日は「専業主婦」という立場がずいぶん低く評価され、出産によってやむなく退職した女性が、まるで夫の付属物になってしまったようなあせりと 、社会から取り残されたような孤立感を味わう、という話はよく耳にする話である。確かに小さなアパートで外との接触もなく一日中子供を相手に明け暮れていれば、「一体私の人生って何」という気持ちになってくるのもわからないではない。しかし、自己の実現のためにはなにも収入を伴う仕事に従事する必要はないのである。職場において自分にしかできない仕事のできる女性は多くないだろうが、家庭では自分にしか果たせない妻として母としての役割を果たすことができるし、生活の心配が ない分、儲けぬきで人の役に立つ社会福祉活動に心置きなく従事できる。若い専業主婦が自分の居場所を見いだせないのは、女性の世界がないからだろう。イスラームにおいて女性は家族、親類、隣人といった横の関係をつなぐ核として欠かせない役割を果たす。今日、高齢化社会の到来と共に老人福祉の問題が深刻化しているが、こうした分野にこそ女性の力は発揮されるべきではないか。主婦は人と人の繋がりを結ぶ重要な分子の役割を果たすべきなのである。そして、そうした主婦の労働はもっ ともっと社会的に高く評価されなければならない。近年日本でも主婦のボランティア活動がずいぶん盛んになってきたようだが、女性の力はこの方向で生かされるべきだろう。男たちが取り込まれた資本主義能率主義の賃金労働システムの中に女まで無理やり参入する必要はまったくないのである。

 ヒジャーブに関して補足すれば、信仰あるムスリマ(女性イスラーム教徒)は「信仰の証し」であるヒジャーブを誇りにこそ思え、抑圧の印だとはわずかにも思っていない。体のラインを隠すゆったりした上衣は、今日の若い女性が死ぬほど胸を痛める身体的コンプレックスを覆い隠してくれるし、サウディアラビアや原理主義者と呼ばれる女性たちが着る全身をすっぽり覆う黒衣になると、貧富の差や年齢までも隠してくれる。媚を振って歩く必要もなければ、「女らしい」座り方をする必要もない。
 

服を着ていようといまいと、壇の上だろうと路上だろうと、程度の違いこそあれ「性を商品化する視線」は今の社会の至る所にあるし、どんなにフェミニストたちがいきり立っても決してなくならないだろう。そうした視線から女性を守れるのはヒジャーブしかない。蜂蜜の皿に蓋もせず外に晒しておきながら、寄って来る蝿に「いまいましい」と苛立つのは愚かしいことだ。
 

イスラーム教徒の女性が「ヴェールを脱ぎ捨てて解放される日」は決して来ないだろう。女性の真の解放の鍵はむしろヒジャーブにある。現にヴェール回帰現象は高等教育を受けた若い女性を中心に急速に広がっている。そして西欧でも現代の西欧型女性像を究極の女性像としてイスラーム圏の女性に押し付けることの間違いにそろそろ気づき始めたようだ。

 

 

ハビーバ中田香織

「アッサラーム」第65、66号掲載より引用させて頂きました。

 

イスラーム的服装の意味

 

 

「預言者よ、あなたの妻、娘たちまた信者の女たちにも、かの女らに長衣を纒(まと)うよう告げなさい。それで認められ易く、悩まされなくて済むであろう。アッラーは寛容にして慈悲深くあられる。」(部族連合章59節)

 

と言う節で(イスラーム的服装について)体を被うように命じています。文明化の流れはクルアーンのこの命に反して進んでいます。それは、体を被いかくすことを自然であると見なさず、奴隷族的な服装であると見なします。


クルアーンの命令は女性にとってまさに天性にかなったものであり、これを不自然だとおっしゃる方々にいくつかの英知の中から4点だけ説明しましょう。


第1の英知
イスラーム的服装は女性にとって大変自然で、本来必要なものです。なぜなら女性達は繊細でか弱くやさしく創られているため、自分自身とそして自分自身よりも愛する子供達を守り、助ける男性が必要となります。女性たちは、彼女ら自身を愛させ、うんざりさせず、拒絶させないような性質を生まれつき備えています。また女性達の10人のうち7、8人は年老いていたり、みにくかったりしますが、誰にもその事をみせたがりません。また、嫉妬心があり、自分よりも美しい人々と比べて、自分のみにくくならないようにつとめますが、それを指摘される事も責められる事も恐れます。この攻撃をうけず、また、夫の目に不忠実に映らないようにするために、身を被い隠したがります。


更に、より注意深くみますと、若くて美しいが、自分自身をあらわにする事を好まない人々を10人のうち2、3人見出すことはできます。


これは明らかな事ですが、人間は好きでない、嫌悪を感じている人の眼は不快に感じますし、気もめいってきます。そうです、つつしみのない服装を着た美しい女性を見て、10人のうち2、3人はよろこぶでしょうが、7、8人の男性嫌悪を感じるのです。品行方正で、汚れを知らない美しい女性はやさしく、敏感なので身体的にも影響をし、害を及ぼす、汚れた視線をたしかに快く感じないでしょう。更に開放的な場所であるヨーロッパにおいても、多くの女性達はこの注視を快く思わずに「この低級な人々は私達を見つめて不快にします。」と警察官へ不平をのべます。この事は、今日の文明においても、長衣を纏わない事は女性達の本来あるべき姿に反している事を意味します。クルアーンの長衣を纏うという命令は自然にかなったことであり、永遠にかけがえのない価値ある伴侶であり、慈悲(慈しみ)の源でもある女性達を堕落と屈辱更に精神的隷属感や貧困さから長衣を纏う事によって救います。


女性達には見知らぬ男性達に対して自然に沸き起こる恐れや不安の気持ちがあります。その恐れの感情が自然にヴェール(長衣)を纏う事を要求するわけです。更に付け加えますと、8、9分の一時の楽しみのために、お腹の中で子供(胎児)を8、9ヶ月間も育て、その重荷に耐えなければなりませんし、さらにまた、その8,9分の(イスラーム的に)罪深い享楽にふけることにより、保護者のない(父親のいない)子供を育てるために、更に8、9年の間も重荷を背負うことにもなりかねません。以上の事はしばしば起こります。ですから、彼女達は見知らぬ男性を自然と恐れ、本人が気もつかないところで、彼らから身を隠すことを望むわけです。天性のこの弱さというものは、長衣を纏う事によって、男性達の欲望をかき消し、彼らに攻撃の隙を与えず、彼らに力強く警告する事ができます。彼女達を守るとりではヴェール(長衣)なのです。私が聞いたあるニュースでは、ある首都の中心街の市場で、真っ昼間に、みんなの前で、粗野な靴磨き屋が、世界でも有数な上流階級の素足の婦人に話しかけたそうです。この事実はヴェールを纏う事に反対する人々の羞恥心のない顔に平手打ちを食らわす事でしょう。


第2の英知
男女間の非常に強い真の関係、愛情と関心はただこの世の生活のためだけではありません。そうです、女性はただ単にこの世のための伴侶ではなく、おそらく、永遠の生活においても良い伴侶となります。永遠の生活においても、夫にとって伴侶であるなら、そうです、永遠の友であり、愛する人である夫をのぞき、自分の良さを他人の目に惹きつけないように、また、夫の気を悪くさせたり、嫉妬させたりしないように気をつけなければいけません。信仰者である夫は真の信仰に従って、妻との関係がこの世のみに限られた一時の彼女の美しさに基づく動物的で、はかない愛情ではなく、永遠の生活での伴侶という点から、彼は真に永続的な彼女への愛と敬意を保ちつづけます。そして彼女への愛と敬意は彼女が若くて美しい間だけではなく、彼女が年老いてしわだらけになっても保たれます。そうです、これに応えて、彼女が彼のみに彼女の美しさと愛を示すということは、人間として必然なことでしょう。さもなければ得るものは少なく、多くを失うことでしょう。


シャリーア(イスラム法)によると夫は妻にふさわしい態度をとらなければなりません。つまり、お似合いの夫婦になるということです。このつりあいと調和を保つと言う事は宗教的に見ても最も大切な留意点です。


ああ、なんと幸せな夫でしょう、女性の信仰心をようく見つめ、彼女を見習おうとする者は。永遠の生活の伴侶を失わぬために、より信仰心をつよめようとしますから。


ああ、なんと幸せな女性でしょう。彼女は夫の信仰心の強さよくみつめ、「さあ、永遠の友を失わぬよう」にと考え、篤信の道へと入りますから。


ああ、身を持ち崩した輩よ。彼は永遠に敬虔な妻を失うのです。
ああ、なんと不幸な女性よ、敬虔な夫を見習わず、永遠の友を失う者たちは。
不幸は多くの夫たちよ、妻たちよ。彼らはお互いに罪や享楽をまねしあい。お互いを火の燃え滾る地獄へと投げ込みあうのに手を貸してしまうのです。


第3の英知
家族の幸福な生活は夫婦間の誠実な信頼関係とお互いへの敬意と愛情により継続します。つつしみのない服装やつつしみのない行動はこの信頼関係を崩し、お互いへの敬意と愛情も壊します。つつしみのない服装を好む女性の10人に1人は他人(見知らぬ)男性の魅力に引かれず夫の良さを見つめ、多の男性にこの好かれないように努めます。が、10人のうち9人は、自分の夫よりも他の男性の良さを探します。また、男性のうち20人に1人は他人の女性の魅力に惑わされず、妻の良さを見いだします。このように、心の愛情と誠実な敬意が壊されていき、きわめてみにくい低俗な感覚か湧き起こってきます。それは、このようにです。


人間は、親族関係にある者たちには、自分の姉妹のように自然とよこしまな感情を持てないように作られています。なぜなら親戚と言う顔が親しい血のつながりに基づく親切さとそれにふさわしい愛情を形作るからです。しかし、足(腿、脹脛の部分)のようにシャリーアでは、親戚の者たちにも見せるのが禁じられている部分を覆わない事は、低級な自我にきわめてみにくい感情をわき起こさせる原因となります。なぜなら、親戚という表の顔が親しい血のつながりを持つ男性と見誤り、(イスラームの)きまりでは他人の男性であると言う事を気づかせません。が、たとえば、裸足は(親戚の者にも)見知らぬ男性たちと同様の効果を示します。足は足で親戚の者の足かどうかを区別する事はできませんので、動物的な見たいと言う欲求や低級な自我を目覚めさせる可能性がありえます。このような視線は鳥肌の立つような人間性の低下を示すものです!


第4の英知
多くの人は多くの子孫を残したいと願います。人口増加を支援しない国や政府はありません。(1900年代前半の頃の事で、この時代は戦争につぐ戦争で人口増加が停滞していた)事実預言者(S)も「結婚なさい、生み増えなさい、審判の日あなた方の増加を誇りに思うでしょう。」


女性にとってイスラーム的な着こなしを放棄する事が結婚増加につながるのではなく、かえって大幅に減少させます。なぜなら、ふらふらしている近代の若者達でさえ自分の妻には貞節を望みます。自分のように放埓なつまりつつしみのない行動をすることを望まず、彼は独身で通したり、しばし援助交際をしたりします。


しかし女性はこのようにはまいりません。夫の行動をその範囲内にせいげんすることなどできません。なぜなら女性は家庭内の出来事を上手にコントロールし、財産や子ども達など、すべてのものを守ると言う役目があるために、女性に必要とされる最も基本的な特性は忠実さと信頼です。つつしみのない人々はこの忠実さと信頼を失います。そして夫に手ひどい心の痛みを与えます。さらに、男性にとって良い特性である勇敢さと寛大さを女性達が携えると忠実さと信頼さが弱まることがあるので、女性にとってはマイナス面も生じ、女性にはふさわしくないでしょう。がそのために男性の役割は彼女の財産管理することでも、忠誠心を示す事ではなく、おそらく、保護し、やさしくし、敬意を示す事です。ですから、彼は制限されませんし、他の女性ともニカーできます。


我々の国(オスマントルコおよびトルコ共和国初期のころ)をヨーロッパと比べることはできません。なぜなら、そこでは決闘のような暴力的な手段による無作法さを誇り(名誉)と取り違えて、(その価値観が)守られています。誇り高き人の妻を汚れた愛で見るものは、首に(死体を覆う)白い布を巻きつけて見ているのです。また、寒い地域に住むヨーロッパの人々は、その国と同様冷たく、堅いですし、アジア、つまりイスラームの土地は相対的に暑いです。環境が人々の道徳観に影響を与えることは良く知られています。おそらく、それらの寒い地域では、開け広げた服装は動物的な欲求や、強い願望を目覚めさせる刺激や陵辱の原因とはならないでしょう。しかし感受性が豊かで感じやすい暖かい国の人々は心の中を往来する欲求を継続的の刺激する開け広げた服装は、悪用、陵辱、若者達への弱さを助長し、強さの減退となる理由となるでしょう。自然の欲求が1ヶ月または3週間であるのに(このような環境では)数日間に一度必要であると感じるようになります。毎月15日間ぐらいは妻を避けなければならない必要性があるので、その時、もし彼が欲に負けてしまうなら、罪を犯す事になりかねません。