ファジュル

(早朝)

 

ズフル

(昼)

 

アスル

(午後)

 

マグリブ

(日没後)

 

イシャー

(夜)

ファルド

(義務)

義務でなはない礼拝

スンナ(預言者ムハンマドの慣行)

ウィトル

(義務に近い)

2

 

4

 

4

 

3

 

4

2

 

4

 

4

 

 

 

4

 

 

2

 

 

 

2

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

3

ファルド前

ファルド後

 一日五回の礼拝の仕方

 

 注)礼拝を初めて始める方のために、ここでご紹介することは、基本的な事項のみです。

 詳細については随時更新する予定です。

 

 

 

一日五回の礼拝の時刻

 

一日五回の義務とされる礼拝は、

 

   早朝の礼拝(ファジュル)

   正午過ぎの礼拝(ズフル)

   午後の礼拝(アスル)

   日没後の礼拝(マグリブ)

   夜の礼拝(イシャー)     の五つです。

 

 

この礼拝時刻は、国や地域、季節によって毎日変わります。

お住まいの地域の礼拝時刻はこちら   

 

 

ファルドの礼拝 :ムスリムが義務として捧げなければならない礼拝。

ウィトルの礼拝 : 限りなく義務に近い、ファルドの礼拝に次ぐ重要な礼拝。

        イシャーのスンナの礼拝の後に3 ラカートとして行います。

スンナの礼拝   :預言者ムハンマドがファルドの礼拝の前後に捧げていた礼拝で、行うことが

        お奨めされています。

ナフルの礼拝 : 義務ではなく、随意行うことのできる礼拝。

 

もしファルド(義務)の礼拝が時間通り出来なかったら・・・

 

カダーの礼拝: 定められた時間内に礼拝することができなかった場合は、次の礼拝の前になるべく

       早くできなかった義務の礼拝を行います。

       「○○の礼拝のカダーの礼拝をします」と意志表明(ニーヤ)を行い、通常と同じ

       形でその礼拝を行います。※カダーの礼拝は、ファルド・ウィトルの礼拝を対象

 

ファジュルの礼拝は2、

ズフルの礼拝は4、

アスルの礼拝は4、

マグリブの礼拝は3、

イシャーの礼拝は4ラカートのファルドがあります。

イシャーの後に行われるウィトルの礼拝は3ラカートです。

定時のファルドの前、後、そして前後に行われるスンナがあります。

 

 

礼拝の仕方のビデオです。

日本語字幕はないですが、唱えるドゥアーと

行為が確認できます。

ファルド(義務)の礼拝の仕方

 

1.正しくキブラ(メッカの方角)に向って立ちまる、手は体の両側にたれ、足を軽く開いた状態です。 サジュダの時に額のつく地点を注視します。

 

2. ニーヤ(意志表明)として「アッラーを称えて、何の礼拝を何ラカート(礼拝単位) します」と唱えます。

 

3. タクビール(アッラーフ アクバル)を唱えながら、両手を耳のところまで上げて、へその高さまで降ろします。左手を下にして、右手の拇指と小指で左手首を握る形で両手を重ねます。

 

4.女性は手を肩まで上げてから胸の前に右腕を上にして重ねます。

 

5.次のように口の中で唱えます。

スブハーナカッ=ラーフンマ ワビ・ハムディカ

ワタバーラカ=スムカ ワタアーラー ジャッドゥカ

ワ ラー イラーハ ガイルカ 

(意味:アッラーよ、あなたに賞賛と讃美あれ。あなたの御名は祝福され、あなたの貴さは至高です。

あなたの他に神はおりせん。)

 

 

6. 続いて口の中でアウーズ ビッ=ラーヒ ミナッ=シャイターニル=ラジーム  ビスミッ=ラーヒッ=ラフマーニッ=ラヒーム と唱えます。(意味:呪うべき悪魔に対し、アッラーのお守りを祈ります。)

 

7. 開端章(スーラト=ル=ファーティハ)を唱えます。

 

8. 引き続いてクルアーンの中の三節以上の旬を唱えます。長いものであればは一節だけでも構いません。

 

9.続いてタクビール(アッラーフ アクバル)を唱えながらルクーウをします。その時、ひざ頭をつかむ形で腕や足を伸ばし、頭から首、背筋をまっすぐにして眼は足もとを注視し、口の中で三回スブハーナ ラッビヤ=ル=アジームと唱えます。(意味:偉大なるわが主の栄光をたたえます。)

 

10.サミアッ=ラーフ リ・マン ハミダ と唱えながら直立の姿勢に戻り、すぐにラッバナ ラカ=ル=ハムドと唱えます。(意味:アッラーよ、彼を賛美する者の声をお聞き下さい。)(意味:私たちの主、あなたを讃えます。)

 

11. タクビール(アッラーフ アクバル)を唱えながらサジダし、口の中で三回スブハーナ ラッビヤ=ル=アアラー と唱えます。(意味:荘厳崇高なわが主の栄光を讃えます。)

 

12.タクビール(アッラーフ アクバル)を唱えながら座位になります。

13.すぐに再びタクビールを唱えながら、二回目のサジダをと同様に行います。ここでも口の中で三回スブハーナ ラッビヤ=ル=アアラー と唱えます。

タクビール(アッラーフ アクバル)を唱えながら再び身体を起こし、座位に戻ります。

 

ここまでが礼拝の一単位で、これをラカートといいます。

引き続き2ラカート目に入ります。

 

14.1ラカート目を終えたなら、すぐタクビール(アッラーフ アクバル)を唱えながら立ち上って第2ラカートに移ります。1ラカートと同様に開端章を唱えます。

 

15.短い章もしくは節を唱えます。ここでの章は1ラカート目で唱えたものよりも後の章から選びます。この後は、 1ラカート目の13まで、同じように礼拝を行います。

 

16.二番目のラカートの後、サジュダから起き上がり正座します。男性は左足を床に寝かせ、その上に座ります。右足は、指先がキブラに向く形で直角に立てます。この際、指が膝と同一線上になるように、太ももに手を置きます。

 

17.2ラカートの礼拝の場合:順に「アッタヒヤート」「アッラーフンマ サッリ」「アッラーフンマ バーリク」「ラッバナー アーティナ―」のドゥアーを唱えます。

 

「アッタヒヤート」

アッ=タヒーヤートリッ=ラーヒ ワッ=サラワート ワッ=タイイバード

アッ=サラーム アライカ アイユハン=ナビーユ ワラフマトッ=ラーヒ  ワバラカートフ

アッ=サラーム アライナー ワアラー イバーディッ=ラーヒッ=サーリヒーン

アジュハド アッ ラー イラーハ イッラッ=ラーフ

ワアシュハド アンナ ムハンマダン アブドゥフ ワラスールフ

(意味:全ての賞賛と祈りとよき行いはアッラーに(帰せられます)。預言者よ、あなたの上に平安とアッラーのご慈悲と祝福がありますように。私たちに、そしてアッラーの敬虔なしもべたちに平安あれ。私はアッラー以外に神は無いことを証言します。私はムハンマドがアッラーのしもべであり使徒であることを証言します。)

 

「アッラーフンマ サッリ」

アッラーフンマ サッリ アラー ムハンマデイン ワアラー アーリ ムハ ンマディン

カマー サッライタ アラー イブラーヒーマ ワアラー アーリ イブラー ヒーム

インナカ ハミードゥン マジード

意味:アッラーよ、あなたがイブラーヒームと彼の一族に至福をお与えになったように、ムハンマドとムハンマドの一族にも

至福をお与え下さい。あなたこそ全ての讃美と栄光の主です。)

 

「アッラーフンマ バーリク」

アッラーフンマ バーリク アラー ムハンマディン ワアラー アーリ ム ハンマディン

カマー バーラクタ アラー イブラーヒーマ ワアラー アーリ イブラー ヒーム インナカ ハミードゥン 

マジード

(意味:アッラーよ、あなたがイブラーヒームと彼の一族を祝福されたように、ムハンマドとムハンマドの一族を祝福して下さい。あなたこそ全ての讃美と栄光の主です。)

 

「ラッバナー アーティナ」

ラッバナー アーティナ. ー フィッドゥ二ヤーハサナタンワフィル=アーヒラティ ハサナタン ワ キナー. アザーバン=ナール 

(意味:

 

18. 右に顔を向けて、アッサラーム アライクム ワラフマトゥッラーと唱え、左の方に顔を向けて同じように唱えます。(意味:あなた方に、平安とアッラーのお恵みがありますように。)

 

 

 

 

※ファジュルの礼拝のファルドと、スンナである全ての2ラカートの礼拝はこの形で行われます。

 

※3もしくは4ラカートの礼拝では、2ラカートごとに座位で、「アッタヒヤートゥ」を唱えます。

3もしくは4ラカートのファルドの3番目と4番目のラカートでは、開端章の後にクルアーンの短い章句を唱えることはありません。

既定の数のラカートを完了すると、17を行い、礼拝を終えます。

 

スンナの礼拝の仕方

 

スンナの礼拝は、預言者ムハンマドが礼拝の前後にしていた礼拝で、行うことがお奨めされています。

 

 

2ラカートで終わる礼拝の場合は、ファルドの2ラカートの礼拝と同様です。

 

4ラカートのスンナの礼拝の場合

 

ファルド(義務)の礼拝の仕方を参照

1~17 で2ラカート終了、

また1~17を繰り返し、18でセラームをして終了します。

 

 

 

ウィトルの礼拝の仕方

 

この礼拝はファルドの礼拝に次ぐ重要なもので、イシャーのスンナの礼拝の後に3 ラカートとして行います。

最初の2ラカートはちょうどファジュルの礼拝のスンナと同じように行われます。

この礼拝は3ラカート目が他の礼拝と異なります。

開端章を唱えた後、クルアーンの短い章節を唱え、「アッラーフ・アクバル」と唱えながら手を耳のところ

まで上げて降ろし、立った姿勢のままドゥアーウ=ル=クヌートを口の中で唱えます。

 

アッラーフンマ インナー ナスタイーヌカ

ワナスタグフィルカ

ワヌウミヌ ビカ

 ワナタワッカル アライカ ワヌスニー アライカ=ル=ハイラ クッラフ

ワナシュクルカ ワラー ナクフルカ (ヘ)ワナフラウ ワナトルク マン ヤフジュルカ

アッラーフンマ イーヤーカ ナアブド ワラカ ヌサッリー ワナスジュド

ワイライカ ナスアー ワナフフィド

ワナルジュー ラフマタカ

ワナフシャー アザーバカ

インナ アザーバカ ビ=ル=クッファ一リ ムルヒク

 

(意味:アッラーよ、私たちはあなたのご加護を請い、あなたのお赦しを願います。また、あなたを信じ、あなたに帰依します。私たちは最上の儀式であなたを讃え、あなたに感謝し、あなたのご恩は忘れません。また、あなたに従わぬものと

絶交して見捨てます。アッラーよ、あなたにのみ私たちは仕え、あなたに祈り、また従います。私たちは急いであなたの

お恵みを嘆願し、あなたの懲罰を恐れます。まことにあなたの懲罰っは不信者に対して下ります。)

 

 

礼拝に関する記事: