礼拝の前の体の清め方

 

ウドゥー(小浄)の行い方

 

ウドゥーとは?

    礼拝を行う前に、体の一部分を決まった方法で洗い、清潔にすること

 

●ウドゥーの意思表示を行います。

 (これからアッラーのお赦しを得るためにウドゥーをします。)

●「ビスミッ=ラーヒッ=ラフマーニッ=ラヒー ム」と唱えます。

 (慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において)                                          

●手を、肘まで三度洗います。指の間も十分に洗います。

●右手で三度口に水を入れ、十分にゆすぎます。

●右手で三度鼻に水を入れ、鼻を洗います。

●顔全体を三度、十分に洗います。

●まず右腕、それから左腕を肘と共に洗います。

●ぬれた両手の平で頭を前から後になでおろします。

●その際に、人差し指で耳の中を、親指で耳の外を、手の甲で首をぬぐいます。

●まず右足、それから左足を三度ずつ洗います。指の間もよく洗います。

 

 

ウドゥーを無効にするもの

なおウドゥーを行った後で下記のような行為があった場合は、

再びウドゥーをやり直 さなければいけません。

 睡眠、放庇、尿便、嘔吐、流れる出血、失神、精液が出た場合。

 

ウドゥーなしに行えないこと

礼拝

クルアーンに触る 

セジデイ・ティラーヴァッド(クルアーンのある特定の節を聞いたらサジダ平状する)

カアバをタワーフ(巡礼)する

ウドゥーの仕方

英語ですが、アニメーションなので

分かりやすいです。

礼拝の前に

 

注)礼拝を初めて始める方のために、ここでご紹介することは、基本的な事項のみです。

詳細については随時更新する予定です。

 

 

 

礼拝時に必ず留意すべき点

 

●ウドゥーのない人はウドゥーを行い、大汚の状態の人はグスルを行う(下記参照)

●礼拝を行う人の体、服、そして礼拝を行う場所に、礼拝の妨害となる汚れがないこと

●礼拝を行う際に覆うべき体の箇所を覆うこと

(男性は少なくともへそから膝までの部分を覆うこと、女性は手と顔以外を衣服で覆うこと)

●礼拝をする際にキブラ(メッカ)の方角に体を向けること

●礼拝を時間内に行うこと

●行う礼拝の意思表示を行うこと (意志表示の仕方)

 

礼拝の準備についてのおすすめ記事

 

グスルの行い方

 

グスル(大浄)とは?

  体の全ての部分をぬらすように洗うこと

 

●排泄器官をよく洗い流します。

●意志表明(ニーヤ)をします。「不浄をきよめるためにグスルをします」と念じます。

●「ビスミッ=ラーヒッ=ラフマーニッ=ラヒー ム」と唱えます。

●ウドゥーを行います。口と鼻は特に充分に清めます。

●体の汚れた部分をまず洗います。頭から水を三回流し、頭からつま先まで、濡れていないままのところが残らない形でよく洗います。

 

グスルを行う必要がある場合

月経が終わった後

出産後、産褥期間が過ぎた時

異性と交わった時

夢精のあった時